クレジットカードの良い使い方&悪い使い方と初心者のカードの選び方

クレジットカードは良い方に使えば我々の生活をかなり豊かなものにしてくれます。


その一方で悪い使い方をしてしまうと、支出が増えてしまったり、


最初に払ったお金より多く払わなければいけなくなります。


今回はクレジットカードの良い使い方&悪い使い方の紹介と、


これからカードを作ろうか考えていると向けに参考にすべき3つの基準を紹介したいとおもいます。

クレジットカードについて


クレジットカードをは借りたお金をきちんと返すという信用に基づき、


カード会社と契約して発行されます。


手元に現金がなくても物が買えたり、キャッシングして現金を引き下ろしたり、


とても便利なカードです。


しかしその反面、


無計画に利用することで返済できなくなるということもなりかねません。


自分の預金はどのくらいあるのか、来月の収入で返済できるのか?


そういったところもじっくり考えて、使ったほうが安心して使えます。


そしてクレジットカードにはいい使い方と悪い使い方があります。

そちらを解説していきます。

良い使い方&悪い使い方 


それでは使い方を比較してみましょう。

1 一括払い VS リボルビング払い


結論から言いますと、買い物の時は出来るだけ一括払いにしましょう。


もちろんお買い物が高額になれば、分割払いもありでしょう。


そしてあまりオススメのやり方ではないのが、リボルビング払い、通称リボ払いです。


リボルビング払いとは、月々に一定額の5000円ずつ返すというようなシステムです。(月々の金額は設定可)


一見よくみえますが、最大の落とし穴は金利の高さです。


金利が高くつく借金を、長期間払うと当然総額もかなり高くなります。


なので基本的には一括払いがオススメです。

2 カード1〜2枚 VS 5枚以上


そんなに頻繁に使う人でなければカードの枚数は1〜2枚が良いでしょう。


複数枚持っていると格好いいですし、それぞれのカード会社からいろんな恩恵を受けそうですが、


最大のデメリットは管理の手間ですね。


よくあるのが、引き落としの銀行口座をどれに指定したか曖昧になってしまって、

引き落とし口座の残高が足りなかったというケースですね。


カードの枚数も管理の範疇で使うと余計なことを考えずに良いかもしれませんね。


あと、カードの支払いは1つにした方がその会社からの特典は大きくなります。

クレジットカードを選ぶ判断基準

1 生活圏に使える店や機関が多い


例えば、イオンによく買い物行く方であればイオンカードがお得ですし、


飛行機によく乗る方であればANAやJALなどのクレジットカードがオススメです。


ポイントやマイルが効率よく貯まるので、自分が普段どこを頻繁に使っているのか


など一度整理して作ってみると良いかもしれません。

2 年会費が負担にならない


最初から年会費のかかるカードを作る必要はありません。


今世の中には無料で作れるクレジットカードがたくさんあるので、


まずはそちらを作りましょう。


ポイントやマイルで年会費の元が取れるのであれば、年会費のかかるカードを作るのを進めます。

3 付帯サービスの内容


クレジットカードには実は決済以外に様々なサービスがついています。


よくあるのが、

  • 海外旅行保険
  • 空港ラウンジサービス
  • 施設等の優待割引


などです。

空港ラウンジは本来お金がかかるところを無料で利用できたり、

自分で入らなければいけない、海外旅行保険もカードを持つだけで利用することができます。

カードのグレードによっては国内旅行も付いたり補償金額が、とても高いところもありますので海外旅行をよくされる方は検討してみてください。

まとめ

  • クレジットカードは少ない枚数で
  • 基本的には一括払い

これから作るという方は、

1 生活圏に使える店や機関が多い

2 年会費が負担にならない

3 付帯サービスの内容

この3つを考えて発行すると、いいかもしれません。

今回は使い方やこれからクレジットカードを作る方に向けて解説しました。自分の生活に合わせてうまく活用すれば、お得に生活でき、生活をさらに便利にしてくれます。ぜひうまく活用して、便利なキャッシュレスライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー